**********************************************************************
中国旅行メーリングリストで投稿された記事の紹介
  第5号[2000.03.06]
             購読者数:672名
まぐまぐID:0000021768
**********************************************************************

■★■ 女性比率、驚異の49%突破! 累計会員数、5万人突破! ■★■

 ネットで見つける、新しい出会い。【EメールLove】始めませんか?

■★■ プライバシー最優先!→  http://www.deai.co.jp/ma.htm  ■★■

---------------------------------------------------------------------

[目次]

中国旅行メーリングリストで投稿された記事の紹介 
 質問コーナー 
質問、感想などはこちら 
中国旅行メーリングリストの紹介

---------------------------------------------------------------------

[中国旅行メーリングリストで投稿された記事の紹介]

 ここでは、これまでに取り上げられた中国旅行メーリングリストの記事を紹
介します。中国旅行の参考にしていただければ幸いです。但し、内容が100%正
しいことを保証しているわけではありません。
 もし、取り上げてほしいテーマがありましたら、メールで教えてください。

Vol.005 神農架(湖北省)に関する投稿

「神農架」
 会社で湖北省の神農架という地名の出身の方がおります。
 中国の国立公園で景色の綺麗な場所だそうです。
 しかし、どこのガイドブックにも載ってないのでどんな場所か見当つきませ
ん。知っておられる方がいらっしゃいましたら情報おねがいします。
 From:[china-travelml:03653] (2000.02.21投稿)

             ************************

「RE:神農架」
 中国三峡下りの辺りの【山中】に位置する秘境ですね。地図的にはそんな秘
境感がないのですが、交通の便が異常に悪い場所であるため、外国人は、そう
何人も訪れたことのないエリアじゃないかと思います。
 どちらかというと、数年前、『野人』が発見された都市と言った方がピンと
来る方がいらっしゃるのでは?と考えます。
 From:[china-travelml:03654] (2000.02.21投稿)

「RE:神農架」
 湖北省の神農架は、確か中国の特級自然保護区で、パンダの食べる竹がある
から、パンダの保護区になっていると聞きました。
 From:[china-travelml:03655] (2000.02.21投稿)

「RE:神農架」
 神農架といえば、その昔TBSの「ギミアブレイク」という番組で、「中国
伝説の野人を探せ!!」とかいう企画で、取材班が乗り込んだとこですね。
 なんでも身長3mぐらいの未確認類人猿(?)「野人」がいるとかで・・・
 とにかく、そんな話があるくらい人の手が入ってないところなんでしょう。
 孫悟空のモデルになった金絲猴もここらへんに生息してるはずだし、華中最
高峰も神農架にあったと思います。
 あんまり正確な情報じゃなくてすいませんが、参考までに。
 From:[china-travelml:03657] (2000.02.21投稿)

「RE:神農架」
 神農架は長江三峡の巫峡と西陵峡の間の巴東県の近くです。神農渓といわれ
る渓谷があります。沿渡河鎮というところから「さやまめ」とよばれる小舟で
下ります。土家族という少数民族が住んでいます。
 小舟を引き上げるのに人夫達は裸で歌を唄いながら綱をひきます。
 この歌は、辛い仕事の気晴らしと、小舟をひく時、息をあわせるために唄う
そうです。
 古代巴国の文化を知るため、土家族を知るため、雄そうなけしきを味わうた
めには、神農渓へ!
 From:[china-travelml:03668] (2000.02.22投稿)

「神農架その2」
 神農架について皆様、ありがとうございます。
 マイナーな場所ですが、皆さんが知っておられるのにびっくりいたしました。
 しかし、行った事のある方は少なそうですね。
 友人は日本からだと3日間かかると言われたのでかなり交通の不便な場所と認
識いたしました。夏休みが取れたら行きたいですね。辺境好きの血がムラムラし
ます。
 From:[china-travelml:03678] (2000.02.23投稿)

「RE:神農架その2」
 神農架は伝説上の皇帝 医薬=薬草に詳しい中国の伝説上の皇帝でも山が険し
いので足場を組まないと登れないほどの急峻な地域と言う意味です。
 From:[china-travelml:03679] (2000.02.23投稿)

----------------------------------------------------------------------

[質問コーナー]

 こちらでは、購読者の皆さんからの質問があった時に、その質問を中国旅行
メーリングリストへ流して、回答をしてもらったものを掲載します。

Q.敦煌ばっこうくつと三峡下りについて[匿名さん]
 はじめまして。3月中旬に休みがとれそうなのですが、その時期に敦煌のば
っこうくつはどの程度見学可能なのでしょうか。無理なら三峡下りを考えてま
すが、こちらはその時期どうなのでしょうか。詳しい情報を教えて下さい。ど
ちらも夏にいくべきなのでしょうか。

A.メーリングリストメンバーからの回答
 現在でも三峡下りの観光船は問題なく運行しています。
 但し渇水期というかオフシーズンなので、本数は極端に少ないです。
 いま手元にあるスケジュール表を確認すると、重慶→宜昌、沙市、武漢行
きの観光船は3月14日から毎日1-3本運行します。それまでは運行しておりま
せん。
 また、上陸観光地が船によって異なるため、必ず確認が必要です。
 さらに、スケジュール表に運行すると載っていても、20日前に定員の60%
(だったと思います)が集まらないと船を運行しない場合があります。
 詳しい状況は重慶の旅行会社に確認を取ったほうが良いと思います。

A.中国旅遊情報庫管理者の回答
 メーリングリストのメンバーからの回答から考えると、3月14日以降に重慶
を出発するスケジュールにすると、選択肢が広がると思います。
 ただ、運行されるかどうかは別ですのでご注意ください。
 この他、定期船や水中翼船が運行されていますので、小三峡以外の長江沿岸
の町や観光ポイント(白帝城や豊都など)へはこれらを利用しても行くことが
できます。運行ダイヤは要現地確認です。
 もしよろしければ、帰国後に旅行報告を投稿していただければ幸いです。

----------------------------------------------------------------------

[質問、感想などはこちら]

記事のリクエスト「どういった記事を取り上げて欲しいか」はこちら。
 E-mail:chinatravel_ml_nl@hotmail.com
 件名:中国旅行MLで投稿された記事の紹介「リクエスト」係

中国旅行に関する質問はこちら。
 E-mail:chinatravel_ml_nl@hotmail.com
 件名:中国旅行MLで投稿された記事の紹介「質問」係

このメールマガジンの感想、意見はこちら。
 E-mail:chinatravel_ml_nl@hotmail.com
 件名:中国旅行MLで投稿された記事の紹介「感想、意見」係

また、次のページでも投稿、質問が可能です。
http://homepage1.nifty.com/chinatravel/mm/ml/


●メルマガ相互リンク●
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 中国旅行に関する日本最大のリンク集  ●A China Travel Link Page●
   http://homepage1.nifty.com/chinatravel/link/index0.html
 ジャンル・地域別に分類れた約2,400サイトがあなたをお待ちしています。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

[中国旅行メーリングリストの紹介]

 中国旅行メーリングリスト(China-travel-ML)では、活発な情報交換を希望す
るメンバーを募集しています。
 詳しくは、次のページをご覧ください。
 http://homepage1.nifty.com/chinatravel/ml/ml0.html

**********************************************************************
■「中国旅行メーリングリストで投稿された記事の紹介」はインターネットの
本屋さん『まぐまぐ』で読者登録された方へ送付されます。
解除・アドレス変更はこちらでお願します。
http://homepage1.nifty.com/chinatravel/mm/ml/
■発行責任者
中国旅行メーリングリスト管理者 Yasuda chinatravel_ml_nl@hotmail.com
**********************************************************************