■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
      中 国 旅 遊 日 記
  第9号[2000.03.27]
           まぐまぐID:0000021769
 購読者数:587名
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■■今までになかった新しい求職・求人サービス![アクティブウェブ]■■
日本初の本格的求職広告(匿名無料)でお仕事探しを応援します!応募はもち
ろん、企業からの勧誘が受けられる双方向の新サービス!開設2周年を記念し
てアンケートによりプレゼント!コンビニで使える1万、5千、3千円のクオ
カードを15名様に! ★< http://www.aweb.ne.jp/job/jobpn.htm >★

---------------------------------------------------------------------

[目次]

はじめに
読者の方から寄せられた旅行記 [No.002]
中国旅遊日記 [No.009]
投稿、質問はこちら 

---------------------------------------------------------------------

[はじめに]

 メールマガジン「中国旅遊日記」は、91年から8回中国旅行へ行った時の旅行
日記を紹介するとともに、読者のみなさんから送られてきた中国旅行体験談や
旅行記を掲載していきます。

----------------------------------------------------------------------

[読者の方から寄せられた旅行記] Vol.002

先日、読者の林さんから西安旅行記の投稿をいただきました。長文ですが、読
みやすい程度に分割して毎回掲載しますのでお楽しみに。
 今回は、そのさわり(旅の概要)をお伝えします。

<林さんの自己紹介>
 中国の史跡巡りが大好きで、年二回地元主催の中国旅行に参加してきました。
私の旅行記に素朴な中国人と触れ合う様子を描いたつもりですが、これからも中
日友好につとめたいと思います。

「西安曲江遊覧記」 その2

1.寒窰(かんよう)
西安旅行に先立って読んだ本の中(注参照)に、秦二世皇帝胡亥(こがい)の
墓と寒窰を訪れた短い旅行記があった。これを読んで、行ってみたいと思った。
(注)今泉恂之助著「兵馬俑と始皇帝」(新潮新書)

 ある日、西安市内の観光を終えて午後五時前にはホテルに戻った。六時半から
のホテル内での会食までに一時間半余裕があるので、隣室のT氏に声をかけたら
同行しましょうとのこと、二人で早速ロビーにおりた。
徒歩で行く積りだったので、念のためカウンターの女性スタッフに地図を示し
て、距離はどれくらいあるか質問してみた。彼女が同僚に問い合わせているのを
横から聞いた日本人女性客が、「徒歩では無理。タクシーを使ったほうが良い」
とアドバイスしてくれたので、礼を言って早速それに従うことにした。
ホテルの入口でドアボーイにタクシーを頼むと、外へ出て大げさな合図をした。
すると、遠くにいた赤い軽自動車が矢のようにやって来た。車種はスズキアルト、
西安の街で最も多く見かけるタクシーである。
運転手は色浅黒く精悍で引き締まった顔立ち、一目で信頼が置けそうに感じた。
私が前席に、T氏は後席に乗りこみ、地図を示してここだというと、ちょっと首
をかしげ自信の無いそぶりをしたがすぐ車を発進させた。
ちなみに中国のタクシーは後席に乗った乗客から運転手を保護するためか、前
と後の席の間は金網で仕切られている。だから地図などを後席とやり取りするの
にその都度、金網の縦の隙間を通さざるを得ないので、不便この上もない。

●旅行記の感想などはこちらへ
E-mail: chinatravel_nikki_nl@hotmail.com
件名:中国旅遊日記「旅行記感想」係

●中国旅行体験談、旅行記投稿
E-mail: chinatravel_nikki_nl@hotmail.com
件名:中国旅遊日記「体験談、旅行記投稿」係
内容:氏名、メールアドレス、URL
    旅行記、体験談のタイトル
    旅行記、体験談の内容
注)メールアドレス、氏名の非公開を希望する場合その旨明記してください。

----------------------------------------------------------------------

[中国旅遊日記] Vol.009

 今回は、ウルムチモバイル事情です。

<日程>
9/13(月) 旅行3日目 晴 最高気温26度、最低気温12度
天池ツアー1日目  天池近くのカザフ族ゲル(泊)

●モバイルには障害が多し!
早速、メールを作成し、送ろうと昨晩行ったホテル隣の商店へ行ったところま
だ営業しておらず、新彊飯店1階ロビーにある長距離電話は電話ジャックの形状
が異なるため使用できなかった。ちなみに、部屋の電話は市内電話のみで、同じ
く電話ジャックの形状が異なるので使えない。新彊飯店近くの長距離電話サービ
スを行っている商店で交渉しても断られる。探さずにすぐにチエックアウトして、
富麗華大酒店に行けばよかった。紅山賓館到着後、ホリデイインのビジネスセンタ
ーに尋ねるが、「パスワードが必要なため、電話線を貸すことができません。」と
断られる。紅山賓館の長距離電話やホリディイン近くの商店でもあえなく撃沈。電
話線を借りることは大変難しい。

   [Vol.010へ続く]

----------------------------------------------------------------------

[投稿、質問はこちら]

●中国旅行体験談、旅行記投稿
E-mail: chinatravel_nikki_nl@hotmail.com
件名:中国旅遊日記「体験談、旅行記投稿」係
内容:氏名、メールアドレス、URL
    旅行記、体験談のタイトル
    旅行記、体験談の内容
注)メールアドレス、氏名の非公開を希望する場合その旨明記してください。
 
●このメールマガジンの感想、意見はこちら。
  E-mail:chinatravel_nikki_nl@hotmail.com
  件名:中国旅遊日記「感想、意見」係

また、次のページでも投稿、質問が可能です。
  http://homepage1.nifty.com/chinatravel/mm/nikki/

**********************************************************************
■「中国旅遊日記」はインターネットの本屋さん『まぐまぐ』で読者登録され
た方へ送付されます。解除・アドレス変更はこちらでお願します。
 http://homepage1.nifty.com/chinatravel/mm/nikki/
■発行責任者
中国旅遊情報庫管理者 Yasuda chinatravel_nikki_nl@hotmail.com
**********************************************************************