■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
      中 国 旅 遊 日 記
  第10号[2000.04.24]
           まぐまぐID:0000021769
 購読者数:585名
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

===[PR]=================================================================
 ★★★★★★★★★★ 》》》 速報!《《《 ★★★★★★★★★★

   【出会いのネットワーク】ついに“女性比率50%”達成!!

 EメールLove 始めませんか?→  http://www.deai.co.jp/ma.htm
========================================================================

---------------------------------------------------------------------

[目次]

はじめに
「中国旅行情報貧乏脱出大作戦」仮オープンのお知らせ
読者の方から寄せられた旅行記 [No.003]
中国旅遊日記 [No.010]
投稿、質問はこちら 

---------------------------------------------------------------------

[はじめに]

 メールマガジン「中国旅遊日記」は、91年から8回中国旅行へ行った時の旅行
日記を紹介するとともに、読者のみなさんから送られてきた中国旅行体験談や
旅行記を掲載していきます。

----------------------------------------------------------------------

[お知らせ] (他の中国旅行関係メールマガジンにも同じ内容を掲載)

 この度、地域別中国旅行情報投稿サイトとして運営してきた、「City Guide
in China」を発展解消する形で、新たに、「中国旅行情報貧乏脱出大作戦」を
4月20日(木)に仮オープンすることとなりました。
 
 「中国旅行情報貧乏脱出大作戦」は、地球の歩き方などのガイドブックには
ない、中国旅行に関する”生”の情報に飢えている方にとって大変役に立つホ
ームページです。ガイドブックにはない「投稿情報」が満載! 
 現在、約1,900件の投稿情報がデータベース化しています。
 これらの情報が、Yahoo Japanのようにジャンル別とキーワード検索により
皆さんの情報収集を補助します。

 一度アクセスしてみてください。投稿も随時受け付けています。
 また、当サイトに関する意見もお待ちしています。

「中国旅行情報貧乏脱出大作戦」
  http://www.tok2.com/home/chinatravel/yomi-search/yomi.cgi

 感想・意見などはこちらへ china@travel.forum.ne.jp

----------------------------------------------------------------------

[読者の方から寄せられた旅行記] Vol.003

<林さんの自己紹介>
 中国の史跡巡りが大好きで、年二回地元主催の中国旅行に参加してきました。
私の旅行記に素朴な中国人と触れ合う様子を描いたつもりですが、これからも中
日友好につとめたいと思います。

「西安曲江遊覧記」 その3

隋のあとをうけて唐が完成させた長安は東西9.7km、南北8.2kmという広大
なもので、その東南部に遊楽の地である曲江池があった。長安の東側の城壁は二
重になっており、皇帝はその間の専用道路(幅約50m)を通って、曲江池のある
芙蓉園へ行幸したという。
玄奘法師がインドから持ちかえった経典を納めた七層で高さ64.5mの大雁塔が
立つ大慈恩寺は曲江池の北岸に、そして我々がこれから訪問する秦二世陵や寒窰
はその南岸に位置する。
車はホテルの右側の坂道を上りすぐ右に折れて市街地を出て、緩やかな下り道
を南東から南の方向に廻り込んで行く。この辺りは起伏のある丘陵地帯で、育ち
の悪そうな小麦畑がひろがっている。道の左側は黄土の段丘が連なり、右側は低
地になっている。
この低地が唐の時代には満々と水をたたえた湖、曲江池だったのだ。我々が行
く道はその東岸をまわっているのだが、砂漠化が進んだ今日、往時の水や緑を彷
彿(ほうふつ)とさせるものは何もない。また、当時の水底であったところが区
画整理されて住宅建設工事が進んでいたりして、人々の目を楽しませたであろう
風物詩も過去のものとなってしまったのは、たいへん残念なことだ。
 これも地球の長年にわたる気象の変化のなせる業であってどうしようもない。
身近なところで、名古屋市南区では見晴台付近まで海が入り込み、万葉集に「あ
ゆち潟(がた)」と呼ばれた景勝の地であったが、今や地盤の隆起や干拓により
海岸線は数キロも後退し人家の密集した市街地と化してしまっている。
道幅は車がすれ違えるくらいの広さで、路面舗装も傷み放題。黄砂をもうもう
と巻上げて走ってきたトラックがすこし減速して左に寄り、こちらも右に寄って
すれ違う(注2参照)。その直後、猛烈な黄砂を浴びる。あいていた窓を大急ぎ
で閉めると、運転手がそれを見てあいている左側の窓を顎でしゃくってこのよう
にあけておけ、という。何故か分からないまま、指示に従ってまた窓を半分くら
いあける。窓をあけたからといって車内や衣服・毛髪が砂まみれになるわけでも
ない。 道路は、レンガ積みなど工事をする人、家の前で仕事をする人、通行人な
どで活況を呈している。

●旅行記の感想などはこちらへ
E-mail: chinatravel_nikki_nl@hotmail.com
件名:中国旅遊日記「旅行記感想」係

●中国旅行体験談、旅行記投稿
E-mail: chinatravel_nikki_nl@hotmail.com
件名:中国旅遊日記「体験談、旅行記投稿」係
内容:氏名、メールアドレス、URL
    旅行記、体験談のタイトル
    旅行記、体験談の内容
注)メールアドレス、氏名の非公開を希望する場合その旨明記してください。

----------------------------------------------------------------------

[中国旅遊日記] Vol.010

<日程>
9/13(月) 旅行3日目 晴 最高気温26度、最低気温12度
天池ツアー1日目  天池近くのカザフ族ゲル(泊)

●天池ツアー1日目 その1
9時頃に紅山賓館1階にある新彊体育国際旅行社へ。15分頃に国産バスに乗せ
られる。昨日はトヨタのマイクロバスと言っていたのでがっかりした。昨日も、
帰る直前に「ハナスツアーの日程が急遽変更になった。」と言ってきたし、「ツ
アーをきちんと実施してくれるのか?」と疑いたくもなる。ちらっと聞こえた話
だが、このツアーは1日ツアーと言っていた。もし、これが本当であったら、当局
へ訴えることも考えている。
3人の客が来るのが遅れたため、出発は約35分遅れとなった。さらには、車で15分
程の国泰大酒店で20分待たされ、3人の客が乗車。席はほぼ満席となった。
予定より1時間ほど遅れているように思われるが、挙げ句の果てに、「高速代を
一人2元ずつ出してください。」という始末。これには乗客のだれもが承知しなか
った。旅行会社の都合で客に金を払わせるなど、日本人の感覚では考えられないこ
とが平常化している。
高速道路に入ると車両の通行量はほとんどなく、道もよいため、かなりのスピー
ドでマイクロバスは走行している。車内の揺れもほとんどなく、MGを膝の上に載せ
てタイプしてもなんら問題ない。また、日射が右側から激しく車内へ差込んでくる
ため、カーテンを使い日射を遮る。両側は民家はほとんどなく、荒れ地が広がって
いる。この他は、農地がちらほらと見かける程度だ。
12:30天池駐車場に到着。入山前に公安の立入検査が行われる。検査といっても、
ツアー参加者の人数を数える程度で検査らしい検査はしなかった。10分後にもう一
つ上にある駐車場に到着。ここに、中型・大型のツアーバスが集まっている。ガイ
ドさんが「16:30にこの駐車場へ集合してください。」と告げて解散となる。
ツアー参加者は、女性ガイドと女性4人組と日本人女性1人、外国人女性1人とは
別行動となり、私を含めた他のメンバーは女性ガイドについていくことになった。

   [続く]


=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-// PR//-=-=
聞ける・話せる・仲間をつくる     ◆こっそり教えちゃう!ウラ香港◆
  みんなが主催、みんなが参加のメーリングリスト&ページがいっぱい。
      たとえば、今盛り上がっているページ&会議は・・・
         ◆こっそり教えちゃう!ウラ香港◆
  ひとびと・net   http://www.hitobito.net/mel/np/e-tabi.html
=-=-//000036-00863//-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

[投稿、質問はこちら]

●中国旅行体験談、旅行記投稿
E-mail: chinatravel_nikki_nl@hotmail.com
件名:中国旅遊日記「体験談、旅行記投稿」係
内容:氏名、メールアドレス、URL
    旅行記、体験談のタイトル
    旅行記、体験談の内容
注)メールアドレス、氏名の非公開を希望する場合その旨明記してください。
 
●このメールマガジンの感想、意見はこちら。
  E-mail:chinatravel_nikki_nl@hotmail.com
  件名:中国旅遊日記「感想、意見」係

また、次のページでも投稿、質問が可能です。
  http://homepage1.nifty.com/chinatravel/mm/nikki/

**********************************************************************
■「中国旅遊日記」はインターネットの本屋さん『まぐまぐ』で読者登録され
た方へ送付されます。解除・アドレス変更はこちらでお願します。
 http://homepage1.nifty.com/chinatravel/mm/nikki/
■発行責任者
中国旅遊情報庫管理者 Yasuda chinatravel_nikki_nl@hotmail.com
**********************************************************************