_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
          中国旅遊ニュースレターVol.16 (6/1号) 
           [毎月1,10,15,20日発行]
              発行部数 1,314 部
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫
【 目次 】
  広告掲載希望者募集
  ニュースレター発行回数について[お知らせ]
  投稿広場 
  中国旅遊ニュース
 中国旅遊連絡網からのお知らせ
≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫
(お願い)なるべくサイズを大きくしてから読んでください。

-------------------------------------------------------------------------
==【広  告】===========================================================
          ■中国旅行メーリングリスト■
  中国旅行に関する情報交換をしたい方は一度参加することをお勧めします。
  99年5月29日現在 379名の方がメーリングリストに参加しています。
「中国旅行メーリングリスト」の概要や参加方法は以下のページを見てください
    http://www.h2o.or.jp/haoer/public_html/jiaohuan/ml.html
=========================================================================
---------------------------------------------------------------------------

●広告掲載希望者募集●
中国旅遊ニュースレターでは、ヘッターとフッターに掲載する広告を募集していま
す。詳細はこちらをご覧ください。以上の広告は見本です。
http://www.h2o.or.jp/homepage/haoer/public_html/xinxiku/joho/info.html#kokoku

---------------------------------------------------------------------------

●ニュースレター発行回数について●
 みなさんに、中国旅行に関する情報提供を更に充実させるため、試行的に、今月
から、毎月4回の発行を行いたいと思います。
 《発行日》 毎月 1,10,15,20日 発行  
   *10日と20日が今回追加する発行日 

---------------------------------------------------------------------------
 
●中国旅遊掲示板の紹介●

<中国旅行トラブル情報掲示板>
 中国へ行ってトラブルに遭った方は結構いると思いますが、情報交換が不充分なた
め、同じ被害に二度も遭う事があります。そこで、この掲示板を通じて互いに情報の
提供を行い、楽しい中国旅行ができれば幸いです。
 http://fboard.jp.cgiserver.net/CrazyWWWBoard.cgi?db=trouble

18種類の掲示板へは、こちらからアクセスできます。また、各掲示板の説明もご覧になれます。
http://japan.cgiserver.net/cgi-bin/wwwboard/CrazyWWWBoard.cgi?db=Chinatravel#shuoming

---------------------------------------------------------------------------

●投稿広場● 
 
 今回は「春節の時期に旅行に行かれた方の体験談」と「旅行会社にまつわる話」に
まつわる投稿です。

投稿者:Okuさん oku@tkf.att.ne.jp 
1.香港で列車の切符を買う(98年1月8日)
 98年の春節(旧正月)は1月28日だったが、我々のこの旅行への出発日である1月
18日はその10日前で、中国はまさに帰省ラッシュがピークを迎えている頃だった。98
年は1月8日から「春運」(春節前後の特別輸送体制)が始まり、新年と旧正月が近
かったことから移動のピークが短期間に集中するため、2月24日までの春運期間中全
国でのべ18.2億人が移動すると見込まれる空前の春運になることが事前に報じられて
いた。にもかかわらずそこまで気の回っていなかった我々は、正月休みの明けた1月
5日にようやく切符の手配に手をつけ始めた。いつも利用している香港中国国際旅行
社(CITS、中国国家旅游局の出先旅行社)に依頼してみるが、すげなく「もうどの列
車も満席です」の答え。それではと香港・広州間の直通列車の切符をはじめ、内地の
切符はもちろん、ビザもおまかせの香港中国旅行社(CTS(HK))に問い合わせる
が、ここも「取れません」の返事。CTSがダメなら絶望的である。
 ここであきらめるわけのいかない我々は、広州にいる知り合いを通じて広州の羊城
鉄路公司へ切符の手配を依頼する。広州鉄路局に極めて近い公司だけに期待がかかる
が「深セン発はムリ。広州発なら当たってみるが時期が時期だけに難しいかも」とコ
コロもとない。広州に丸投げではやはり不安なので、こちらはこちらで更に手を尽く
す。香港のイエローページに載っている旅行社にかたっぱしから電話をかけるが、当
たりはすこぶる悪い。と、とある旅行社にあきらめ半分で「深セン発の汽車の切符ど
うでしょう」と問いかけたところ、意外にも「ああ、だいじょうぶだと思いますよ」
の返事。しかも切符を二日後に事務所まで届けてくれるという。我々は、届けるとは
言うもののそれはきっと乗車当日深セン駅の何番窓口へ行くと切符と引き替えてもら
える引換券かあるいは深セン駅のどこかに何時に行くと現地旅行社の係員がいて切符
に替えてくれる証明書のようなものを持ってくるに違いないと思っていたのだが(な
にしろ一般的に中国では切符は3日前でないと発券しないのが常識)、なんと二日後
に届けられたのはホンモノの切符だったのである。ただし料金は額面の三倍取られた
が。1月8日のことである。
 そこでさっそく広州羊城鉄路公司にキャンセルの連絡をしたところ、先方曰く「そ
れはゼッタイにニセモノに違いない!そんな何日も前から発券できるわけがない。ニ
セモノだ!」と主張。鉄路公司にそう言われると、切符は見れば見るほどホンモノそ
っくりなのだが、なんだかニセモノのような気になってくる。確かに中国国内ではニ
セの切符が横行している。鉄路局の職員が本物の切符の紙を使って金もうけのために
ニセ切符を作っているとすれば、それに座席指定の紙が貼ってあれば見破れるはずが
ない。しかし、受け取った切符には発売所のハンコも押してある。「中鉄港銷」と読
めるそのハンコはおそらく「中国鉄路香港発売所」のような意味なのだろうが、そん
な窓口が香港にあるとは聞いたことがない。
 やはりニセモノなのか?乗車するときにニセモノだとばれたら、やはり乗せてもら
えないのだろうか?ニセモノを使った罪は重いのだろうか・・・とアタマは次々に
「ニセモノだった時のこと」ばかりがめぐり始めていた。
 実際は、ちゃんと指定の列車にはこの切符で乗ることができた。切符はホンモノだ
ったようだ。あとで調べてわかったことだが、鉄道部が香港駐在機関として「中国鉄
路服務(香港)有限公司」というのを置いており、ハンコにあった「中鉄港銷」はど
うもこの公司にある切符売り場を指しているようである。とすれば中国国内の列車の
切符はここで買うことができ、ここと何らかの理由でつながりの強い一部旅行社が代
理業務をしているということになるのだろうか。
 中国国内の列車の切符を入手するのは香港においてもなんと奥の深いことかと妙に
感心した次第。

2.深セン駅から汽車に乗る(98年1月18日)
 我々の今回の旅行のまず最初の行程は、切符がニセモノではないかとの一抹の不安
を抱きながら深セン発九江行き急行列車(別にシャレではない)に乗ることである。
春節を10日後に控えて帰省ラッシュのピークにあり、しかも全国各地からの「民工」
が集いラッシュ混雑の源泉とも言える深セン駅はさぞや大混雑大混乱に陥っていて、
列車に乗るのは命がけだろうなあと恐怖と心配を胸に深セン駅の待合室に行ってみる
と、まさに場内は我々の予想通りで、「乗れるか、さもなければつぶされて死ぬか」
という二者択一を迫られているような気がだんだんしてくるような、殺気ともとれる
雰囲気がその広大な待合室にみなぎっていた。
 午後8時50分発の列車に乗ろうと待合室にたどりついたのは7時半頃だったろうか、
もうすでにその列車に乗る人々の行列はできていて、我々のポジションはかなり後ろ
の方で、改札へラッシュするにはいささか不利な位置である。
 と、ふと気がつくと、改札口から約150mほど後方にまで伸びているその行列は妙
に整然としている。見ると行列の両脇を緑色の制服の公安が20m置きくらいに立って
、時々列を乱そうとする者をハンドスピーカーで怒鳴ったり、時にはエリ首をつかん
で割り込みを引き剥がすなどの実力行為も交えながら、列の秩序維持に努めている。
これは我々にむしろ馴染みのある乱れた光景とはかなりかけ離れた光景である。
 やがて改札の時間がやってきて、列はおもむろに前へ進み始めた。しかし、この段
階に至っても列は乱れることなく、公安の指示でそれまで4列だった行列は途中から
2列となり、そのまま2カ所の改札口を一人ずつ通過して、実にスムーズにホームま
でたどり着くことができた。我々はホームに着くなり頭を抱えてしまった。「おかし
い!なんでこんなに整然としているのだ!」
 なんにせよ、秩序正しく行列ができて、それが秩序正しく改札を通って列車に導か
れるようになったことはいいことである。これは人民の民度が上がったからなのか、
公安の力なのか?我々の胸に小さな驚きを残して、その夜九江行きの列車は定刻に深
セン駅を離れたのであった。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 ちなみに、この時の日程は以下のようなものでした。

98年1月18日 深セン発 20:50 538次列車
    19日 信 豊着 5:38
    20日 (車でカン州へ移動)
    21日 カン州発 15:05 618次列車
       南 昌着 21:30  
    23日 南 昌発 17:20 MU5353
       深セン着 18:50
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 投稿広場では、皆さんからの中国旅行に行かれた時に得た情報の提供をお待ちして
います。どんな小さな情報でも結構です。
 china@travel.forum.ne.jp
まで。件名には「中国旅遊ニュースレター投稿広場係」と記入してください。

 この他、テーマ自由の投稿の他に、毎回テーマを決めた投稿を募集しています。
 第3回「旅行会社にまつわる話」
 第2回「飛行機に関する体験談」
 第1回「春節の時期に旅行に行かれた方の体験談」  
  についての投稿も引き続き受け付けています。皆さんの投稿をお待ちしています。
    
---------------------------------------------------------------------------

●中国旅遊ニュース●

◎投稿ニュース◎
 投稿者:katsunori-homma@muj.biglobe.ne.jp
【香港と深せんとの境界でビザ申請をする方へ】
 個人旅行の皆さん、こんにちは。
 私は、中国への旅行にビザが間に合わない時は、香港と深せんとの境界でビザを取
得しています。手配の窓口は、深せん中国国際旅行社:査証部です。
 2月に旅行した時は、あるガイドブックに記載されている通り、年中無休で、簡単
にビザ(350HK$)を取得出来たのですが、3月下旬の日曜日に行ったら、手書きで月曜
から土曜までと直されていて、しかも営業時間が午後5時30分までと変わっていまし
た。仕方なく、すぐ隣の“特区限定ビザ発給”ビザ(100HK$)で入国し、次の日の朝、
深せん公安局外事科3階へ行きビザ(250HK$)取得して目的地へ向かいました。
 これらは5月上旬時点の情報です。突然変更に、なったりするので気をつけてくだ
さい。あと、深せん中国国際旅行社のお兄ちゃんは、とても親切です。自分の下手な
中国語に対して、ちゃんと対応してくれました。また羅湖口岸の公安官も、公安局ま
でのタクシー料金の相場(20元)を親切に教えてくれました。

◎交通ニュース◎
★南疆鉄路全線開通★
 中国の国家5年計画「九五計画」の重点プロジェクトである南疆鉄路が5月6日に全
線レールの敷設が完了した。全長1451km。吐魯番(トルファン)−庫爾勒(コルラ)は
1984年に完成し、庫爾勒(コルラ)−阿克蘇(アクス)は昨年開通した。今回の敷設で
阿克蘇(アクス)−喀什(カジュガル)、975kmがレールで繋がり、沿線の石油や綿花の
運送及び旅客運送に使用されるもよう。

★ウルムチ−柳園間で旅遊列車運行★
 4月16日からウルムチ−柳園(甘粛省)間で206/205次旅遊列車の運行を開始した。
これに伴い、ウルムチ−疏勒河等普通列車3本の運行を取りやめた。
また、343/344次西安→ウルムチは西安→奎屯となり、区間を延長した。

★張家界−香港路線開通★
 4月16日から張家界−香港航空路線が開通した。毎週火・金曜日に運行。所要1時
間40分。同時に、国際空港として対外開放された。張家界は黄山に続き、内陸の省
の省都以外で開放された二番目の都市となった。

★列車でテレビの視聴が可能に★
 K232/K231次快速列車(沈陽北−大連)では、テレビ受信設備を車両に搭載し、小型
白黒テレビを10元で乗客に貸出しするサービスを始めた。各車両に6台配備している
が、毎回の利用率はほぼ100%に達している。小型テレビでは、5種類のチャンネルと
中央テレビを見ることができる。のこのサービスは、沈陽−大連の高速バスのサービ
スに対抗するもので、利用者の評判も上々。 
  K232 沈陽北08:00発→鞍山09:00着→大連 12:05着
  K231 大連 13:40発→鞍山16:46着→沈陽北17:46着
  運賃:軟座86元、硬座53元 

◎観光ニュース◎
★黄山、入場料値上げ★
 黄山の入場料が65元から82元に値上げされた。値上げ後の入場料には保険料(2元)
が含まれている。

★中国最大の鳥園が開園★
 世界中の珍しい鳥類を集めた「百鳥楽園」が浙江省紹興市会稽山旅遊度暇区に開園
した。1万種近い鳥類を有する中国最大の鳥園で、敷地面積は3万平米。
  
◎ホテルニュース◎
★広交会効果でホテルは客満★
 4月に行われた広州交易会の人気上昇により、参加者が昨年比25%増となり、それ
に伴い、中国大酒店、花園飯店、流花賓館、華厦大酒店など市内主要ホテルの宿泊率
は96.1%、昨年比11.9%増となった。
 
中国旅遊ニュースでは、みなさんからの最新ニュースやHOTな情報をお待ちしています。
china@travel.forum.ne.jp までお願いします。
 (お願い)メールの件名は「中国旅遊ニュースレター 中国旅遊ニュース係」
      と記入してください。
---------------------------------------------------------------------------

■Infomation■――――――――――――――――――――――――――――――
中国旅遊連絡網(China-Travel-Network)からのお知らせ
--------------------------------------------------------------------------
 
●中国旅遊ニュースレターのバックナンバーはこちらです。
 http://backnumber.to/list.asp?userid=10004050

●中国旅遊連絡網更新情報
中国旅遊情報庫 6月1日更新
  http://www.h2o.or.jp/homepage/haoer/public_html/xinxiku/
 City Guide in China 6月1日更新
http://www.geocities.com/TheTropics/Paradise/3918/
A China Travel Link Page 6月1日更新
http://www.tokaido.co.jp/ctn/

●中国旅遊掲示板開設中!
 情報交換の場としてぜひご利用ください。場所は、以下のとおりです。
http://japan.cgiserver.net/cgi-bin/wwwboard/CrazyWWWBoard.cgi?db=Chinatravel

●中国旅行メーリングリスト(China-travel-ML)メンバー募集中
 詳しくは、次のページをご覧ください。申込もこちらからできます。
 http://www.h2o.or.jp/homepage/haoer/public_html/jiaohuan/ml.html
 5/29現在 メンバー数:379名
 情報交換が活発に行われています。まだ参加されていない方はぜひ参加してく
 ださい。
 
========================================================================
■中国旅遊ニュースレターは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』で発行さ
 れているメールマガジンに読者登録された方へ送付されます。
中国旅遊ニュースレター登録・解除・アドレス変更はこちらでお願します。
http://www.h2o.or.jp/homepage/haoer/public_html/jiaohuan/newsletter.html
■中国旅遊ニュースレター広告掲載希望の方はこちらをご覧ください。
http://www.h2o.or.jp/homepage/haoer/public_html/xinxiku/joho/info.html#kokoku
■発行責任者
中国旅遊連絡網(China-Travel-Network)管理者 Yasuda
  [ご意見・質問はこちらまで]  china@travel.forum.ne.jp 
========================================================================