_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_
        中国旅遊ニュースレターVol.32 (9/15号) 
          [毎月 1,10,15,20日 発行]
             発行部数 1,669 部
           china@travel.forum.ne.jp
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_

【 目次 】

  発行者の独り言 
企画募集!
お知らせ
  中国旅遊ニュースレター協力レポーターからのレポート No.006
  投稿広場      
中国旅遊ニュース
 中国旅遊連絡網からのお知らせ

(お願い)なるべくサイズを大きくしてから読んでください。

━━[広  告]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      ●●●●●●●中国旅遊情報庫●●●●●●●
http://www.h2o.or.jp/homepage/haoer/public_html/xinxiku/index3.html
ビザ、国内交通、航空券、安宿、国境越え、都市別情報などなど中国旅行に関
する総合サイトです。情報は月1度更新します!ニュースレター、メーリング
リスト、掲示板もありますのでご利用下さい。申込は上記ページから可能です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●発行者の独り言● 

現在、新疆を旅行中です。
 現地では、以下のメールアドレスを使えるようにしていますので、皆さんから
の応援メールをお待ちしております。
------------------------------------------------- 
 9/11〜23の連絡先  :  haoer@hikoboshi.net 
-------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------

●企画募集!●

 中国旅遊ニュースレターでは、皆さんからの「新企画」を募集しています。
 「こんな企画があればいいのではないか?」
 「これは面白い企画だと思う。ぜひ取り上げてほしい」 
 など、何か面白い企画がありましたら、 china@travel.forum.ne.jp
「中国旅遊新企画募集係」までお願いします。 

----------------------------------------------------------------------

●お知らせ●

中国旅遊ニュースレター9/20号の発行日は都合により9/17になります。

----------------------------------------------------------------------

●中国旅行現地協力レポーターからのレポート●

[レポート006]
 現地レポーターのご協力により成り立っているこのコーナー。中国に在住し
ている方による中国旅行に関するレポートをお送りしています。
 さて、今回のレポートは、chiakiさんの「中国のおみやげ」です。
 
*******************************************************************
    レポーター:chiaki E-mail: chiaki@public.szptt.net.cn

今回は「中国のおみやげ」ということで、現地駐在者にはちょっとキツイ話題
でした。旅行してるときはいろいろ調べて買いに行ったりしてましたが、住ん
でるとおみやげって買わないんですよねー(笑)。

中国のおみやげというとシルク製品とかお茶、パンダグッズ(古い?)などが
あげられますが、シルクは江蘇省辺りに、パンダは四川省に譲って、とりあえ
ず私は「広東名物」をご紹介したいと思います。

◆お茶
広東のお茶、といえばやっぱり普耳(さんずいつき)茶(プーアル、広東語で
はポウレイ)でしょう。もともとは「耳(さんずいつき)」の字が表すとおり
雲南地方(「耳(さんずいつき)」海=アルハイ)の特産物だったそうです。
発酵茶で、はじめはそのニオイ(ちょっとかび臭い)と色(やたら濃い)にび
っくりされるかと思いますが、慣れたらこれなしでは生活できません。

広東名物「飲茶」に行くと、まず「お茶は何にしますか?」と聞かれます。よ
ーく耳をすまして聞いていると、あちこちで「ポウレイア、ムゴイ!」という
声が聞こえるはず。日本ではダイエット用漢方茶でも、こちらではごくごく普
通のお茶です。だから当然値段も安く、種類も豊富にあります。スーパーに行
けばティーバッグも売っていますし、お茶専門店に行けばそれこそピンからキ
リまで色んな種類があります。

中でもお勧めは「普耳沱茶(もしくは「茶餅」)」と呼ばれる、雲南産の普耳
茶を丸く固めたもの。古い物ほど高級とされ、50年もの、100年もの、中には
「不知年」といういつできたかわからないものまで。

また、普耳茶に乾燥した菊の花を入れた「菊普(ゴッポウ)茶」というものも
あり、菊には解熱作用があることから、夏に特によく飲まれます。菊の花も普
通に売られていますので、一緒に買って自分のブレンドを楽しむのもおもしろ
いかも知れません。

◆亀ゼリー(亀令膏)
亀の頭、手足などを切り落とし、数十種類の漢方薬と一緒に大甕で煮詰め、ゼ
リー状にして固めたものです。それ自体ではめちゃくちゃ苦いので、練乳や蜜
(糖水)をかけて食べるのが一般的。解熱、胃腸病、貧血などに効果があると
いわれています。毎日食べると肌にもいいとか。

スーパーでも1個3元くらいから売られていますが、デパートなどで売ってい
る、陶器の容器入り(12元くらい)の方がおいしいと思います。粉末にして
パック詰めになったのもあります。でもやっぱり現地でしか食べられない、で
きたてあつあつ(冷やしたのもありますが、熱い方が効きそうなので)のを一
度お試しください。

◆果物
広東はパッションフルーツが豊富です。もちろん生の果物は持ち帰れませんが、
干して加工したものも結構いけます。ライチ、リュウガンをを干したものが有
名で、特にリュウガンを干したものは喉の薬として人気があります。この二種
類は味もいいし形がかわいい(ライチ、リュウガン見たまんま)ので、おみや
げには私も重宝しています。今年は豊作だったから、加工物の方も安くなる…
かもしれません。
スーパーや百貨店などで袋づめにされて売られています。値段は小さい物なら
10数元、30元くらい出せばかなりちゃんと包装されたものが買えます。

他にも干しマンゴとか干しグァバとかありますが、こちらの方は味が???な
のであんまりお勧めはしません(笑)。1袋数元なので、話のタネに買って帰
るのもいいかも。

◆そのほか
有名な「端渓の硯」も広東名産ですが、私自身が買ったことがないのでコメン
トのしようがありません(恥)。

◆どこで買う?
深せんでお土産に困ったら、香港イミグレ目の前の「羅湖商業城」がお勧めで
す。チャイナ服(オーダー可)、ハンコ、お茶、食べ物、電化製品、ゲーム機、
かばん、靴などありとあらゆるものが揃っています。中国語のできる人なら交
渉も可。香港ドルも使用できます。但し気をつけないといけないことは、ここ
で売られている品物にはニセモノが多いため、あまり真剣に買うと、後で痛い
目を見ることがある、ということ。特にブランドのコピーバッグ等は100%
ニセモノですので、日本には持ち込めません。それにさえ注意して探せば、お
土産に便利な安オモシログッズが揃っています。

広州の清平市場もお土産の宝庫!(新生)玉器市場も近いので、気に入った石
があったら値切って買い、加工してもらうこともできます。ミャンマー産の翡
翠なんかはお値打ち物も多いとか。清平市場はなまもの(魚、鳥、肉、野菜)
がメインなのですが、漢方薬、食器、骨董品なんかも安く売られています。但
しこちらも肝心なのは、あんまり真剣に買わないこと。

どうしても本物が欲しい時は、デパートや友誼商店などが安全でしょう。

*******************************************************************

◎現地協力レポーター募集中!
 中国旅遊ニュースレターでは、現地の観光情報、交通情報、レストラン情報
などを定期的にボランティアでレポートしていただける方を募集しています。
中国国内であれば地域等の制限はありません。中国旅行に関連する情報であれ
ばどんなレポートでも構いません。もし興味をもたれた方がいらっしゃいまし
たら、 china@travel.forum.ne.jp 
「中国旅遊ニュースレターレポーター募集係」までお願いします。

----------------------------------------------------------------------

●投稿広場● 

投稿広場では、読者によるホットな投稿を募集しています。

今回のテーマは、★中国で食べた忘れられない味★
おいしかった。激マズどちらでも可。皆さんからの投稿をお待ちしています。

 投稿先: china@travel.forum.ne.jp
件名には「中国旅遊ニュースレター投稿広場係」と記入してください。
 氏名、メールアドレス掲載希望の方はその旨を記入してください。
 <内容>
 1.テーマ自由  
 2.以下のテーマに関する内容
これまで募集した次のテーマについても、
第5回「両替で苦労したこと」          99.07.15号
第4回「クレジットカードにまつわる話」     99.06.15号
 第3回「旅行会社にまつわる話」         99.05.15号
 第2回「飛行機に関する体験談」         99.05.01号
 第1回「春節の時期に旅行に行かれた方の体験談」 99.04.15号  
投稿の募集を引き続き受け付けています。

★投稿したものは必ず掲載します。   

----------------------------------------------------------------------

●中国旅遊ニュース●

◎交通ニュース◎
★広州白雲国際空港夏の増便★
広州白雲国際空港では、7月11日〜15日の5日間、中国国内の団体観光客をさ
ばくために、観光地へのフライトの増便を行った。この5日間で昆明行きは12
便、海口行きは20便、三亜行きは10便、桂林行きは5便増便したが、そのうち、
昆明行きは特に込んでおり、4、5日前に航空券を購入しないと乗れない位であ
ったが、他方面は個人客であれば当日でも購入可能であった。また、この夏は
学生の夏休みのキャンプに行く団体客も多いようだ。
 
◎観光ニュース◎
★貴州省旅遊者咨詢服務中心が貴陽に開業★
 6月29日に貴州省旅遊者咨詢服務中心(サービスセンター)が貴州省貴陽市
にオープンした。国家旅遊局の調査によると、98年の団体旅行客は全体の7.6
%に過ぎず、個人旅行者の割合は大きい。そこで、そういった需要に対応する
ため、貴州省旅遊局は旅行インフォメーションセンターの開設実績がある貴州
山水旅行社に業務を委託した。
 ここでは、貴州省に来た個人旅行者に対し、観光地、交通、飲食、宿泊、医
療などの各種インフォメーションサービスや事故の救援支援活動などを主に行
っている。開業半月で、個人客のチケット68枚の入手の手助けを行ったり、香
港の観光客に観光ルートのアドバイスや車のチャーター、チケットの入手を手
伝ったりするなど観光客の良きアドバイザーとなっている。今後は、観光客の
多い地区に順次センターを開設し、最終的には全省でネットワークを形成して
いく予定。
 電話:0851-6819638、6873627

★孔子生誕2550周年記念活動の規模が空前のものに★
世界十大思想家、儒学の創始者と言われている孔子が紀元前551年に誕
生して今年で2550年になる。そこで、孔子の生誕地の山東省曲阜では、
9月25日から10月10日まで第16回「孔子文化節」が行われる。
25日に孔廟大成殿前で行われる開幕式は、香港の有名映画監督徐小明プ
ロデュースで行われ、中央電視台などが中継を行う。また、北京と曲阜で
孔子生誕2550年記念大会や国際儒学シンポジウム、民間祭祀活動などが開
催される他、世界レベルの孔子研究院が曲阜に落成し、それに合わせ文物
精品展や孔子文化大展が行われる。

★99中国竹文化節が益陽で開催★
 中国生態環境旅遊活動の一環として、10月18日から20日まで、湖南省益陽で
99中国竹文化節が行われる。このイベントは竹文化の高揚と竹産業の発展をテ
ーマとしたもので、期間中、国際竹業博覧会、全国竹業工作現場経験交流会、
国際竹加工研究会、竹の故郷独特の演芸会など各種イベントが行われる。

★北京で一番近い砂漠★
 北京人が砂漠を見るとなると、新疆や内蒙古に行かなければならないと思わ
れがちだが、官庁水庫南岸には北京で一番近い砂漠「天漠」がある。この砂漠
に懐柔県旅遊局が天漠旅遊発展中心を設立し、旅行で環境保護を促し、環境保
護で経済を発展させることを方針としている。学生の夏キャンプや植林活動、
ピクニックなどに最適で、砂滑りやらくだ乗り、乗馬などの娯楽プログラムも
ある。この他、天漠公園から7.5km離れた所には北京最大の水域に面する北寨
河浴場がある。
 7月17日から北京公共総公司は北京−天漠−北寨河の旅遊バスを運行を始め
た。崇文門111路電車総駅、東大橋28路総駅から土・日の7:30に発車する。
また、既に旅行会社の中には北京−天漠−北寨河ツアーを組んでいるところが
ある。

◎ホテルニュース◎
★開国第一宴を北京飯店を打ち出す★
建国50周年を記念して、北京飯店は8月から中華礼儀庁で「開国第一宴」とい
うサービスを打ち出した。「開国第一宴」は中華人民共和国設立初期に国家指導
者が使用したソファーや茶卓、花瓶、灰皿等を並ベ、壁には開国盛典の写真を飾
られ、その周囲には国家指導者が北京飯店で公務を行った時の写真が掛けられて
いる雰囲気の中で料理を堪能できるサービスである。
また、譚家庁では、清代の宦官の住居の風格、装飾を再現した宴会場で譚家菜膳
を食することができる。譚家菜は、清朝末期に誕生した料理で、建国後、周恩来
の意見により西単の承恩居から北京飯店へ移転して今日に至る。

◎その他ニュース◎
★中国電信、中国国内電話割引サービスを継続★
98年7月1日から行われいた「九州夜話」サービスは1年の試行期間を更に1年
延長することとなった。全国10省都の5月〜10月における利用状況を分析した
結果、割引時間帯の長距離電話の利用数が増加していることが判明したため、
このサービスを2000年6月30日まで延長することを決定した。国内長距離電話
の料金体系は次のとおり。
毎日0時〜7時:70%割引 / 平日21〜24時と休祭日7時〜24時 50%割引

★北京旅遊街で夜市が行われる★
 北京旅遊街(北京建国門内大街甲九号の国家旅遊局の北側)は7月10日から18
日まで咨詢夜市のを行った。これは、旅遊街にある数十の旅行会社の営業時間
を午後九時まで延長するもので、各社は百に上る観光路線のPRを行った。

★北京旅行PR列車が山手線を走る★
 7月1日から北京旅行のPRを大々的に行うため、山手線と大阪環状線を走る1
列車を借り切ったPR列車を走らせた。これは、北京旅行を促進する宣伝作戦の
一つで、10日から17日まで東京と大阪で「活力溢れた紫禁城」というテーマで
北京旅行の販売促進活動を行った。また、漢方美容体験ツアーや中国伝統服(
チーパオ)を作ってみようなど若い女性をターゲットにしたツアーも多く打ち
出して北京旅行のPRを積極的に行った。


中国旅遊ニュースでは、みなさんからの最新ニュースやHOTな情報をお待ちし
ています。 china@travel.forum.ne.jp までお願いします。
 (お願い)メールの件名は「中国旅遊ニュースレター 中国旅遊ニュース係」
      と記入してください。
---------------------------------------------------------------------------

■―――――中国旅遊連絡網(China-Travel-Network)からのお知らせ―――――■
 
●中国旅遊ニュースレターのバックナンバーはこちらです。
 http://backnumber.to/list.asp?userid=10004050

●中国旅遊掲示板開設中!
 ジャンル、地域別に18種類の掲示板を開設しています。情報交換の場としてぜひ
ご利用ください。場所は、以下のとおりです。
http://www.h2o.or.jp/homepage/haoer/public_html/jiaohuan/keijiban1.html

●中国旅遊連絡網更新情報
中国旅遊情報庫 9月1日更新
  http://www.h2o.or.jp/homepage/haoer/public_html/xinxiku/index1.html
 City Guide in China 9月1日更新
http://member.nifty.ne.jp/chinatravel/city/index1.html
A China Travel Link Page 9月1日更新
http://www.tokaido.co.jp/ctn/index1.html

●中国旅行メーリングリスト(China-travel-ML)メンバー募集中
 詳しくは、次のページをご覧ください。申込もこちらからできます。
  http://www.h2o.or.jp/homepage/haoer/public_html/jiaohuan/ml1.html
 9/7現在 メンバー数:450名
 現在、申込は受付けていますが、登録は行っておりません。
 23日に再開する予定です。

========================================================================
■中国旅遊ニュースレターは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』で発行さ
 れているメールマガジンに読者登録された方へ送付されます。
中国旅遊ニュースレター登録・解除・アドレス変更はこちらでお願します。
http://www.h2o.or.jp/homepage/haoer/public_html/jiaohuan/newsletter.html
■中国旅遊ニュースレター広告掲載希望の方はこちらをご覧ください。
http://www.h2o.or.jp/homepage/haoer/public_html/xinxiku/guanggao.html
■発行責任者
中国旅遊連絡網(China-Travel-Network)管理者 Yasuda
  [ご意見・質問はこちらまで]  china@travel.forum.ne.jp 
========================================================================