■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

        中国旅遊ニュースレターVol.96 (12/13号) 
購読者数:2,649名(Mag2:2,396/Macky:172/Pubzine:81)
           china@travel.forum.ne.jp

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
{magclick}
{magclick}
----------------------------------------------------------------------

【 目次 】

 重要なお知らせ 
 投稿広場 「中国国内航路の旅」
 お知らせ

----------------------------------------------------------------------

●重要なお知らせ●

 現在、まぐまぐをメインで発行しておりますが、今後は、「Macky」をメイ
ンの発行シシステムとして採用していきます。いつまぐまぐ版を廃止するかは
未だ決めておりませんが、大変お手数をおかけしますが、読者の皆さんに対し
ては、次の手続をお願いします。手続は読者の皆さんの手間をなるべく煩わせ
ないよう、簡単にしました。

 *12/12までに申込みされた方の手続は完了しています。

<手順>

1 下の青色アンダーラインの部分をクリックしてください。

 mailto:china@travel.forum.ne.jp?Subject=mag2_04050_ikou
       ↑こちらをクリック↑
 
2 メールソフトが立ち上がり、新規メールの作成画面が立ち上がりますので、
  そのまま「送信」ボタンを押して送信してください。
  もし、この登録アドレスが送信元のメールアドレスが異なる場合は、本文
  に現在このメールマガジンが届いているメールマガジンを書いてください。

 なお、まぐまぐから「Macky」への移行作業は発行者である私が行いますので、
上記以外の手間を煩わすことはありません。
 移行作業完了後、「Macky」からメールマガジンが届きます。

<注意>

 もし、1の青色のアンダーラインの部分をクリックしてもメールソフトが開かない
場合は、件名を「中国旅遊ニュースレター移行」と明記して送信してください。

 ご協力の程よろしくお願いします。

----------------------------------------------------------------------

●投稿広場●

題名:中国国内航路の旅【長文です】

いつも中国旅遊ニュースレターを楽しく読ませていただいています。
「中国国内航路の旅」ですが、2年前の5月に大連から上海まで船に乗りました。
特別珍しい話しはなかったのですが、そのときの記憶をたどって簡単に書きます。

 大連から上海まで船に乗りました。
 大連港を午後4時出航の「中原」というフェリーでした。フェリーなのですが当然と
いうべきか、ほとんどがトラックで乗用車は見かけませんでした。

 友達のKくんと二人だったのですが、Kくんが風邪ぎみで体調が良くなく一等の部
屋にしました。ツインの個室でトイレ・シャワー付きですが、お湯は出ないしあまり綺
麗な部屋とは言えません。料金は上海まで一人590元でした。ほかに等から四等ま
でと散席という通路に寝る席(?)があります。

 船は定刻通りに出航し、西日に照らされた大連港がだんだん小さくなっていき、
その向こうに市内の高層ビル群が見えていました。港を出た船は南下し、ただカモ
メだけが別れを惜しむかのようにいつまでも船のまわりを飛び続け、そして陸地が
全く見えなくなった頃、渤海に夕陽が沈んでいきます。そして夕陽の下を横切る漁
船のシルエット。やはり船旅というのは人を感傷的にするものだと思いました。

 船内は満席状態で通路を歩くにも散席の人の寝そべってる足を踏まないように
気をつけなければなりません。船内をあちこち歩いてみたのですが、外国人らしき
人は僕たち以外にはいませんでした。

 夕食は食堂で17時20分からで、調理師の一人が黒板にメニューを書き始めると
同時に食券売場に行列ができ、食堂内も全てセルフサービスでした。ご飯とおかず
2品、スープ、ビールで30元足らずでした。安いとはいえない値段だと思います。お
湯はただでもらえるのでカップ麺を食べていた乗客が多かったように思います。食
堂の営業時間は1時間なので慌ただしく食事を終えて、小売部でビール2本買って
部屋にもどりました。船内には娯楽施設はもちろん、ベンチやテーブルなどの憩い
の場すらなく、酒の全く飲めないkくんを尻目に部屋でビールでも飲むしかなかった
のです。

 2日目。朝から霧雨で甲板に出ても何も見えません。退屈な午前中。昼食後1時
から食堂で映画上映をするというので見にいきました。Kくんを部屋に残したまま、
チケットを小売部で買って(10元くらい)中に入ったのですが、観客はそれ程多くは
ありませんでした。映画といってもVCDを30インチくらいのテレビで見るものでした。
 
 映画は2本あり、1本目は「碧血藍天」という恋愛アクションものでした。もう1本は
「再起風雲」という妖術使いの時代劇で、船が海底を通り日本の戦国時代にもや
って来るというものです。船がわざわざ海底を通ることにはこだわらないで下さい。
妖術使いですから。
 2本とも香港映画だと思うのですが、それなりの面白さがあって退屈しのぎには
良かったと思います。

 3日目。目が覚めると窓の外を貨物船や高層ビルがゆっくりと動いていました。
すでに上海の黄浦江に入っていたのです。そして6時、埠頭に着岸。38時間の船
旅は無事に終わりました。

 2日目の夕方には天気も回復して視界も良くなったのですが、やはり時間をも
てあましてました。他の乗客もトランプをしたり、寝たりと退屈そうです。波が穏
やかで揺れが少なかったのは幸いでした。特にハプニングもなかったのですが、
個室だったということと、言葉が通じないということで記憶に残るような出会い
もなかったのです。


【コメント】

 中国では国内航路は少なくなってています。こういった船旅も貴重な経験になる
日がでるかもしれませんね。
 時間的には他の交通機関の方が優れていますが、航路によっては夜行の航路
でちょうどよい船もありますので、ホテル代わりに利用する手もあります。
 また、大連−煙台などの航路は高速船が就航しており3時間程度で結んでいる
と聞いてたことがあります。飛行機ほど早くはありませんが、結構使える交通手段
だと思います。



★「投稿広場」投稿募集中!★

 中国旅遊ニュースレターでは、皆さんからのホットな投稿を募集しています。
皆さんの体験談や教訓をこのメールマガジンで発表してみませんか?

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
投稿先: china@travel.forum.ne.jp
件名:中国旅遊ニュースレター「投稿広場」係
基本的に、氏名のみ掲載しますが、メールアドレスを掲載して欲しい方、非掲
載希望の方はその旨を記入してください。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
  
 <内容>
 1. 自由テーマ
 2. 特定テーマ「安宿に関する話」
 
 自由テーマ例)
 「中国国内航路の旅」、「中国旅行を少しでも安くする方法」 
 「中国で食べた名物料理」、「中国で一番思い出に残っている場所」
 「罰金について」、「長距離バス苦労話」、「国慶節体験談」
 「中国で食べた忘れられない味」、「両替で苦労したこと」
 「クレジットカードにまつわる話」、「旅行会社にまつわる話」
 「飛行機に関する体験談」、「春節の時期に旅行に行かれた方の体験談」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━// PR//━━
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「はい」と答えた人に「はい、メール」です・・■はいめーる・net■┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
企業からのおトクな情報。受け取って返事書いて、ポイントためよう。
登録したい? http://www.melmel.net/m.asp?p=824057661696  はい。 (^^)!
━━//000295-00861//━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

----------------------------------------------------------------------

[お知らせ]
 
●このメールマガジンの感想、意見、質問はこちら。
  E-mail:china@travel.forum.ne.jp
  件名:中国旅遊ニュースレター「感想、意見、質問」係

●中国旅遊連絡網更新情報
中国旅遊情報庫 随時更新します
  http://homepage1.nifty.com/chinatravel/index0.html
City Guide in China 10月8日更新
http://homepage1.nifty.com/chinatravel/city/index0.html
A China Travel Link Page 9月18日更新
http://homepage1.nifty.com/chinatravel/link/index0.html

●中国旅行メーリングリスト(China-travel-ML)メンバー募集中
 詳しくは、次のページをご覧ください。
 http://homepage1.nifty.com/chinatravel/ml/ml0.html


【広告】/////////////////////////////////////////////////////
「皆さんは、無数にあるホームページやメールマガジンなどを利用しよ
うとしていて、効率よい情報収集の方法がなかなか見出せない。」と
いったことはないでしょうか?
そういったあなたにぴったりのサービスが【はいめーる・net】です。
【はいめーるnet!】は興味のある分野の商品情報について、関係企業
の担当者から直接製品情報のメールが届く仕組みです。
分野別に必要な情報を細かく選択することができるので、不要な情報
までメールで受取る必要はなくなるのが同業他社との大きな違いです。
皆さんが本当に必要だと思っている情報を選択する時代です。
一方的に送られるのではなく相互方向のやりとりを行うことがモットー
です。また、ポイントも加算されます。
これを機会にぜひ皆さんも【はいめーる・net】に登録してみては?
詳しくはこちらをご覧下さい。
http://www.haimail.net/pr/00000271/
////////////////////////////////////////////////////////

=======================================================================
■中国旅遊ニュースレターは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』で発行さ
 れているメールマガジンに読者登録された方へ送付されます。
中国旅遊ニュースレター登録・解除・アドレス変更はこちらでお願します。
まぐまぐID:0000004050 http://www.mag2.com/
PubzineID:7204 http://www.pubzine.com/
MackyID:chinatravel http://macky.nifty.com/
■中国旅行関係のメールマガジンの一覧はこちら
  http://homepage1.nifty.com/chinatravel/mm/
■中国旅遊ニュースレター広告掲載希望の方はこちらをご覧ください。
http://homepage1.nifty.com/chinatravel/guanggao.html
■発行責任者 中国旅遊連絡網(China-Travel-Network)管理者 Yasuda
  [ご意見・質問はこちらまで]  china@travel.forum.ne.jp
http://homepage1.nifty.com/chinatravel/mm/ryoyu/
========================================================================
{magclick}