メールマガジン
中国旅行投稿情報

メールマガジンに広告を載せませんか?


掲載内容

皆さんから寄せられてくる中国旅行に関する”生”の投稿を掲載します。

[TOP]


発行時期は?

隔週発行です。 

[TOP]


発行部数

614部 (2002.02.05現在)

[TOP]


購読費用は?

無料です。

[TOP]


バックナンバー

不定期で過去に発行したものをバックナンバーとして掲載しています。ただ、発行後すぐ掲載するという訳ではありません。過去のものはこちらからご覧になることができます。
最新号をごらんになりたい方は、ニュースレターの購読手続きを行ってください。

[TOP]


広告掲載について

詳しくは、こちらをご覧下さい。

[TOP]


[購読申込フォーム]

登録したい
以下の空欄に、あなたのメールアドレスを入力し「登録」ボタンを押してください。
メールマガジン「中国旅行Q&A」購読申込フォーム
購読
もし、登録できない場合は、china@travel.forum.ne.jpへ、
本文に、「「中国旅行投稿情報」購読希望」及び配送先メールアドレスを明記して送ってください。

解除したい   購読しているメールマガジン発行システムで解除してください。

[サンプル]

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
      
         中国旅行投稿情報 Vol.001 (*/*号) 
             発行部数  *** 部 
           china@travel.forum.ne.jp

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

●中国旅行投稿情報●

「罰金について」  投稿者:リルさん

 初めまして。いつも楽しく拝見しております、リルと申します。
 過去に2年ほど上海に留学した事があるんですけど、ちょうど罰金にまつわる
忘れられない話があるので、ご紹介します。
 とある下町で、私は友人と自転車の二人乗りをしておりました。しばらく進む
と友人が「降りて!」と叫ぶので、私は慌てて降りました。前方を見ると公安の
姿が…。
 「しまったー!」と思ったのですが、公安はその時既に我々の方に歩み寄って
来ていました。
 「今、二人乗りしていたな?」と訊かれ、
 「ごめんなさい。私達、日本人で規則を知らなかったの…」
と私は答えました。公安は自転車にも目をやり、
 「この自転車は登録されていないな。これも違反だ。」と言い、続いて
 「全部で20元の罰金だ!」と言い放ったのです。
私と友人は「マジー?」と叫び、拝み倒しました。
 「すみません、許して下さい。知らなかったんです。中国に来て1週間なんで
す。(モチロン大嘘)もう2度としません。天に誓って!」
こう立て続けに言葉を並べたのです。こんな騒動を中国人が見逃す訳もなく、私
達は野次馬に取り囲まれていました。ギャラリーも多いと言う事で公安も人目を
気にしたのでしょうか、
 「天に誓うんだな。…2度とするんじゃないぞ。仕方ないな、罰金は5元にまけ
てやる。」
と言ったのです。本当は1fenでも支払いたくなかったのですが、長引くと面倒に
なると思い、
「感謝します!(大嘘)」とお礼を言って財布を取り出しました。
ところが何ともタイミング良く、私の財布の中身は小銭だらけだったのです。1
元玉を一枚と、1毛玉40枚を支払った時の公安のあきれた顔は、見ものでした。
野次馬も大爆笑です。
 こうして私達は両手のひら一杯に1毛玉を積まれて口を開けている公安と野次
馬の笑い声に見送られて、その場を後にしました。
 たまたま私が関わった中国のお役人さん達は、比較的人間臭い人が多くて、今
回の拝み倒しや泣き落としは、結構効果がありました。
 特に泣き落としは効果抜群でした。中国人の男性は女の涙に弱いのでしょうか…
(笑)

[コメント]
 日本でも自転車の二人乗りも、道路交通法違反(?)だと思いましたが、せい
ぜい、警察官が注意するくらいで、罰金はとられませんね。罰金が取られる場合
は、法規どおりの金額を請求します。
 一方、中国では、リルさんの投稿のように、厳しい面がある一方、罰金の金額
は、現場の公安の裁量に任されているのか知りませんが、20元から5元にまけて
もらうことができました。これは、旅行時にも同じことが言えます。何かの理由
で罰金を請求された時に、「知りませんでした。もうしませんので許して下さ
い。」と言ったり、物を渡したりして許してもらう手などが使える場合があるの
は日本と大きく異なるところです。但し、逆効果になる場合があるので気をつけ
てください。

========================================================================
■中国旅行投稿情報は、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』で発行されてい
 るメールマガジンに読者登録された方へ送付されます。
  中国旅行投稿情報の登録・解除・アドレス変更はこちらでお願します。
   http://homepage1.nifty.com/chinatravel/mm/toko/
■中国旅行投稿情報への広告掲載希望の方はこちらをご覧ください。
  http://homepage1.nifty.com/chinatravel/guanggao.html
■発行責任者  中国旅遊情報庫管理者 Yasuda
   [ご意見・質問はこちらまで]   china@travel.forum.ne.jp
========================================================================

[投稿フォーム]


氏名 E-mail URL
タイトル

投稿(字数制限なし)
氏名の公開
公開非公開
E-mailの公開
公開非公開

[TOP]


[感想、意見フォーム]

このメールマガジンに関する感想や意見はこちらへ。


氏名 E-mail URL
タイトル

感想(字数制限なし)
氏名の公開
公開非公開
E-mailの公開
公開非公開

[TOP]


姉妹誌(中国旅行関連メールマガジン)

中国旅遊ニュースレター
中国旅行の秘けつ・裏ネタを教えます
中国旅行に役立つホームページの紹介
中国旅遊日記
中国旅行メーリングリストで投稿された記事の紹介
中国旅遊Q&A
中国旅行投稿情報

ANAマイレージクラブで無料航空券をGETしよう!

[TOP]


姉妹ページ
中国旅遊情報庫 / 中国旅行情報ノート
中国旅行メーリングリスト / A China Travel Link Page / 中国旅行なんでも掲示板

[TOP]